magellan beyond immagination

CONTACT US
6 Islands,13 Beachs,3 Lagoons
2018.12.27
DESTINATIONS, HOTELS, ASIA, BEACH

6 Islands,13 Beachs,3 Lagoons

WRITTEN BY HIROSHI.K

アジアの海に、また一つ魅惑のリゾートが誕生した。
”6アイランド, 13ビーチ, 3ラグーン”が、リゾートが掲げるキャッチフレーズ。何とも想像力と好奇心を掻き立ててくれるコピーだ。

シンガポールから300キロ北東の沖合いに位置するインドネシア領、アナンバス諸島の6つの島で構成されるプライベートアイランド、それがバワ リザーブである。

バワへの旅は、シンガポールでの前泊からスタートする。朝7時に宿泊ホテルで出迎えてくれたハイヤーに乗ってフェリーターミナルへ向かい、そこから高速フェリーでインドネシア領のバタム島へ移動。
入国審査を済ませてから車で空港まで移動し、待ち受けていたゲスト専用水上飛行機でバワまで約80分のフライトだ。ラグーン内に滑り降りた機体は、スタッフが待つ桟橋に横付けされ、ゴルフカートでそのままスィートにチェックインという流れである。
一見厄介に思えるリゾートまでのアクセスは、今や”良い”リゾートとの出会いを確信させてくれる証。
バワのスタッフによるシームレスなエスコートは実に快適で、そして思惑通り素晴らしいリゾートを体験することになった。

ホワイトサンドビーチと青く澄みきったラグーンに浮かぶ水上バンガローの光景は、どこかモルジブやタヒチと重なるも、スタッフとの会話や食事メニューを見る度にここがアジアの島だということを再確認させられる。
大小6つの島と帯状のバリアーリーフ、それらに囲まれた手付かずの珊瑚が残る美しいラグーンは全てバワ リザーブのテリトリーで、宿泊するゲストだけが享受できる大自然のフィールド。
日替わりで組まれているスケジュールアクティビティに加え、アイランドピクニック、サンセットクルーズ、ジャングルトレッキングといったメニューもプライベートでアレンジしてくれ、これらの全ては宿泊料金に含まれるオールインクルーシブ。
更に、スパトリートメントも含まれるのにはちょっとした驚きで、バワでの滞在は思った以上にアクティブな毎日となった。

もう一つ、人里離れたプライベートアイランドに滞在する時に気になるのが、なんと言っても食事。バワではこの心配を良い意味で裏切ってくれた。
ビーチサイドのボートハウスでのアラカルトのランチも、ジャングルに囲まれたツリートップレストランでいただく3コースのディナーも全て美味しく、キッチンスタッフのレベルの高さを感じることに。
通常メニューに加えて、『Today’s Special』では、その日に獲れたばかりの新鮮な魚介類を使った料理が紹介され、迷えばメイン料理を2品薦められたりするので、ある意味”注意”も必要となる。
そして、オープンしたばかりとは思えないほど、どのスタッフもホスピタリティは素晴らしく好印象だった。

アジアに誕生した最新リゾートは、ワイルドであり、エレガント。ラグジュアリーリゾートの要素を満たした大人のワンダーランドとも言うべき壮大かつユニークなプライベートアイランドだ。
そして、今改めて思うのは、バワ リザーブはシンガポールからわずか半日の移動で行けるパラダイスだと言うこと。もはやリピートしない手はないほどに惹かれる場所となりそうだ。

RECOMMENDATIONS

2018.11.19
PLANS

Paradise in the Anambas バワ リザーブ6日間

透き通ったターコイズブルーの海、光輝く青いラグーン、極彩色のサンゴ礁に囲まれた海洋保護区に浮かぶバワリザーブは、ハイレベルな食事や様々なアクティビティ、スパトリートメントまで含んだアジアでの唯一のリトリートであり、真の意味でのラグジュアリーなオールインクルーシブステイを堪能できます。

→READ MORE