magellan beyond immagination

CONTACT US
アジアの最新ハイダウェイ、ニヒ スンバ アイランドへ
2017.02.08
DESTINATIONS, HOTELS

アジアの最新ハイダウェイ、ニヒ スンバ アイランドへ

WRITTEN BY HIROSHI.K

「ニヒワトゥへはもう行った?」ここ数年、ラグジュアリーリゾートにめざとい海外の仲間の間で交わされていた言葉である。

場所は、インドネシアのスンバ島。土着信仰マラプと共に栄えてきたインドネシアにおける秘境の島と言う。ニヒ スンバ アイランドへの旅は、2017年のスタートを飾るに相応しいものとなった。バリ島デンパサールから空路で約1時間。熱帯の木々が生い茂るスンバ島の空の玄関口タンボラカに降り立ち、そこから1時間半の車移動を経て、ニヒ スンバ アイランドに辿り着いた。

目前に広がる人気のないビーチと、見渡す限りのジャングルは、まさしくアジアの桃源郷とも呼べるロケーション。
緑の合間に見える尖がった藁ぶき屋根は、スンバ島の伝統様式で建てられた客室で、220へクタールもの広大な敷地に、わずか33室のゲストヴィラが点在してる恰好だ。木の上に建つツリーハウスや、2階建てのデュプレックス、邸宅を思わせるようなリビングやキッチンを備えた5ベッドのエステートなど、ひとつとして同じ仕様の部屋はなく、リゾート内を歩けばまるでローカルヴィレッジに迷いこんだかのような気にさせてくれるほどユニークなレイアウトと斬新なアイデアに満ちている。
アラカルトの朝食とローカルメニューの夕食はメインダイニング”オンバック”で、ビーチフロント”ニオ・ビーチ・クラブ”では新鮮なシーフードや本格ピザのランチ、バーベキューディナーを楽しませてくれる。海辺の”ボートハウス”は、サーフィンを始めとするマリンスポーツの基地であり、ゲスト同士の憩いの場所。サンセットには、カクテル片手に一日の出来事を語り合うゲストとリゾートスタッフとの会話が繰り広げられる。

ニヒ スンバ アイランドは、宿泊料に全ての食事が含まれるオールインクルーシブが基本。ルームダイニングを含め、好きな時間に好きな場所で自由に楽しむことができるのが良い。
また、秘境リゾートでは、料理のクオリティが心配になるのが常であるが、3泊の滞在を通じてそんな不安は払拭されることになった。インドネシア料理はもちろん、パスタ、シーフードソテー、肉料理のどれも繊細な味付けで美味しくいただけた。朝釣り上げたマグロが、頼まずとも昼食時に刺身として運ばれてきたのには少々びっくり。醤油にワサビ、生姜も添えられ盛り付けも美しい一品は何とも贅沢。
ニヒ スンバ アイランドでは滞在中バトラーが世話をしてくれ、細かいところまで気遣いをしてくれている様子が伝わる。秘境気分を存分に味わいながらも、それでいて完成度の高いファシリティとホスピタリティを実現してくれている。そんなギャップを愉しめるのがニヒ スンバ アイランドの最大の特徴と言えよう。
ニヒワトゥが世界で最新かつ最高のハイダウェイと呼ばれる所以である。

「ニヒオカ・スパ・サファリ」

ニヒ スンバ アイランドはアクティビティ天国でもある。サーフィンレッスン、トローリング、ホースバックライディング、クッキングクラス、トレッキング… 大自然を活かした質の高いアクティビティが数多く用意され、アクティブに過ごすと一日があっと言う間に過ぎてしまう。更に、ヨガやハッピーアワーといった曜日によって異なる滞在中のお勧めメニューを網羅するとなると、3泊の滞在では少し物足りなく感じてしまう程。そんなアクティビティ三昧のニヒ スンバ アイランドにあって、とりわけお勧めなのは、”ニヒオカ・スパ・サファリ”と名付けられたトレッキング。実はこれ、単なるトレッキングではなく、ニヒオカと呼ばれる徒歩で1時間半ほど離れた所にあるサテライト施設、もう一つのニヒ スンバ アイランドを目指すもの。朝、トレッキングガイドと共にニヒワトゥを出発し、途中ローカルヴィレッジに立ち寄り、スンバ島土着の人たちの生活の様子を垣間見ながら、水牛や地元の人たちとすれ違いつつ田んぼのあぜ道をひたすら歩く。やがて、海岸を見下ろす高台に辿り着くと、そこが目指すニヒオカだと知る。ニヒオカでは、施設全体もさることながら、ここで過ごした半日の体験によって感動を味わうことに。

まずは、朝食ということで波が打ち寄せる岩場の上に建てられたプライベートダイニングに案内され、大海原の絶景を独り占めにしながら熱々の卵料理をいただく。デイベッドとパラソルが備え付けられたプールを楽しんだ後は、波の音が心地よいプライベートスパのベッドに身を委ね、スンバスタイルのシグネチャーマッサージでしばしのリラクゼーション。スパメニューは好きなだけ、滞在時間もゲスト次第と言うから何とも贅沢な体験である。
崖の上には1室だけ宿泊可能なヴィラがあり、ここで一晩過ごす事を想像だけでわくわく感が掻き立てられる。スタッフも常駐しており、ニヒオカは、紛れもなくニヒ スンバ アイランドの一部であるということを実感させられた。
ユニークで大人の冒険心と遊び心をくすぐる”ニヒオカ・スパ・サファリ”はまさに記憶に残るアクティビティとなった。

RECOMMENDATIONS

2017.02.08
PLANS

極上のハイダウェイリゾート「ニヒ スンバ アイランド」で過ごす4泊6日

インドネシアの秘境スンバ島に、手付かずの自然と素朴なインドネシアの風情の中にあって最高級のリゾートライフを堪能できるハイダウェイリゾート、ニヒ スンバ アイランドがあります。数々のアクティビティと秘境の島で味わえる美食、魅力溢れる極上のリゾートで忘れられない休日をお過ごしください。

→READ MORE
2017.05.12
SPECIAL OFFERS

ニヒ スンバ アイランド ボーナスナイトオファー

現地の文化と手付かずの自然、上質なラグジュアリーが調和するアジアのハイダウェイ”ニヒ スンバ アイランド”より、お得なボーナスナイトオファーの登場です。

→READ MORE